(岡目八目)NO5
世間を斜に構えて見直すと、見えなかったものも見えてくる

ルート66(2010。8。20)

テニス仲間と飲んでいると、気が大きくなるからだろうが、突拍子もない話になることがよくある。
あるときは、「道後温泉に行こうよ」の話が纏まって 、十数人で出かけたし、
その他の国内旅行は、すべては思い出せないくらいの回数出かけた。
海外旅行では「香港に行こう」「フィリピンのセブ島はいいらしいよ」などの案も、すべて実現に移した。

ただ、その中には、「アメリカの国道、ルート66を走破しないか」という計画があるがまだ実現していない。
すべてを走破するには、1ヶ月くらいはかかりそうなので、現職で仕事をしている人間ではとても無理。
だから、「みんなが定年になったら」という条件がついている。
ひと足お先に定年になった私は、仲間が定年になるのを何年も待っていた。
昨年から今年にかけて、仲間の何人かがようやく還暦を迎えたので、「さあ行くぞ!」と意気込んだが、
「第二の職場があるので」と、つれない返事。

私も、いつまでも待ってはいられない。お迎えがいつ来てもおかしくない「古稀」となってしまったのだ。
そこで、1才年下の弟を誘って「ルート66の下見旅」に出かけた。

ご存じのように、「国道ルート66」は、東海岸のシカゴから西海岸のサンタモニカまで
アメリカ大陸を横断する、全長6、000キロもある道路である。
しかし、現在は、廃道になっていたり、高速道路(ハイウェイ)になったりしている所が多いので、
入り口見つけるのさえ容易ではない。
日本の「東海道」をたどるのがむずかしいことでもわかる。

ラスベガスでレンタカーを借りて、さあ出発!
慣れない左ハンドルで右側通行。
「ガソリンスタンドでは、どうしたら入れてくれるのだろう」
「チップは必要なのか」
それよりなにより、ルート66という道路が見つかるか・・・
などの不安を抱えての旅だった。

弟が何年か前に通ったという記憶から、キングマンという町でようやくルート66の入り口を見つけた。

ところがイメージしていたような鄙びた道路ではなく、写真のようにまるで高速道路のよう。

何とか「セリグマン」という町に辿り着いた。
ここは「歴史的な道路・ルート66を守ろう」という人たちが多く住んでいる。
左の写真は、知る人ぞ知る「床屋」さんの前で撮ったもの。

「カーズ」の映画の舞台にもなった、古き良きアメリカが残されているような町だ。

 

 

 







これで「ルート66を走る」という念願はほんのちょっとだけ達成できた。

そのあとは「グランド・サークル」と呼ばれる観光地、
グランドキャニオン モニュメントバレー ブライスキャニオン ホースシューベント ザイオン レイクパウエル アンテロープキャニオン
などを巡ってきた。

さあ、下見は終わりました!早く行こうよ!MWさん、RIさん。


個人情報(2010。3。5)

ファミレスなどへ行くと、入り口の受け付けに名前を書く紙が置いてある店がある。
順番が来ると名前を呼んで席へ案内してくれるのだが 、
本名を書く必要はないのだから、いたずら心に何かおかしな名前を書こうと思ったりする。
たとえば「バラク・オバマ」と書いておけばどうだろう。
順番が来た時には「オバマさん、どうぞ」と呼んでくれるのだろう。
周囲のお客さんは「エ!」と私の顔を見るんじゃないかな。
「キムタク」とか「徳川家康」と書いてみようか・・などとは思うけれど
まだ一度も実行したことは無い。
この時の「名前」は、単なる符号に過ぎないから、本名でなくても一向に構わない。

花粉症で病院へ行って、調剤薬局で薬を貰うことになった。
最近は調剤薬局も乱立ぎみで、競争が激しいためだろうか余計なサービスを感じることが多い。
せまい店内にも拘らず、客に渡す薬の効用や使用方法を大きな声で事細かく説明するのだ。

まず、大声で「○○さん」と名前を呼ぶ。
この時は、患者を間違えないために氏名を確認するので仕方がないだろう。
しかし、その次に、
「このお薬は湿疹を改善する軟膏で、朝夕2回、患部に塗って下さいね。」
「鼻づまりの通しを良くするために左右の鼻孔に1回ずつ注入して下さい。」
などと説明する声が、聞く気がなくても聞こえてくる。

説明を受けているのが若い女性などの場合には、耐えられないのではないかと思う。
痔疾などの泌尿器の病気の場合は誰でも嫌だろう。

どんな病気でも、患っていることを他人にはあまり知られたくはないと思う。
本名といい、病名といい、ましてや体のどこにどうやって薬を塗るかなどは
まさに「個人情報」そのものだと思う。

親切丁寧にしているつもりだろうが、個人情報を軽視しているとしか思えない。
詳しく説明するのであれば、個室のようなものを用意するとか、小声で説明するとかの配慮が欲しい。

身内にも薬剤師がいるので、一度聞いてみようかな。

 

日本一の蕎麦(2010。1。22)

テレビで豪雪の様子が放映されると、じっとしていられず、見に行きたくなる。
今回は、白馬・大町を目指して車を走らせた。

道中、数年前に何気なく立ち寄って食べ、その美味しさが今でも忘れられないでいる蕎麦を
今回も食べようと、記憶を辿ってその店を探した。
車の中から、たしかここだったなと思われる店を見つけたので、早速入った。
そこは、なんの変哲もない「道の駅」に併設されている蕎麦屋だ。

数年前に感じた「美味しかった」という記憶は、
年月が経過するにつれて「美化」され、
本当は大した味ではなかったのかもしれないという、
期待と不安で蕎麦の出てくるのを待った。

ところが、ところがである。
手討ちの蕎麦は、香り高くまさに絶品。
蕎麦に、こんなにも味があるのかと思うような美味しさだ。

ここの蕎麦は、近隣で採れる蕎麦の実を挽いた、100%「地の粉」だそうだ。
手打ちなので、長さはそれほど長い訳ではないが、箸でつまむにはちょうど良い。




つゆも蕎麦の香りをしっかりと支えて蕎麦に絡み付く。
やはり記憶は正しかったことが証明できた。

日本中の蕎麦を食べ歩いたなどとは言わないけれど、
私にとっては、この蕎麦がどこの蕎麦よりも美味しいと思う。

二度と来られるかわからないので、続けて2枚も頼んでしまった。

帰りがけに代金を支払いながら、レジの中年女性に
「ここの蕎麦は本当に美味しいですね。何年か前に食べた時の美味しさが忘れられずにまた来てしまいました。
麺もつゆもとても美味しい上に、キーンと冷たいのが何よりです。」
などと話しかけてしまった.

話しかけている最中に、まるで私が、春風亭柳橋の「時そば」の落語に出てくる
さんざんお世辞を言っておいて、代金を支払う段になると
「ヒー、フー、ミー、ヨー、イツ、ムー、ナンドキだ?」といって料金を誤魔化す人物になったようで苦笑した。

「雪道を走る」のが本来の目的だったけれど、
どこへ行っても大して雪が無かったので、
目的を「信州そば食べ歩き」に変更して、その後何件かの店へ立ち寄っては蕎麦を食べた。

観光バスが何台も横付けになっていて、蕎麦の実を臼で挽いて手打ちするまでを実演している店や
反対に、小さく「手打ち蕎麦」という看板だけがあるような、ひっそりと佇んでいる店でも食べてみた。
そこそこ美味しかったけど、やはり最初の店にはかなわないなあと感じた。




「わんこそば」も美味しくて、100杯以上食べたこともあるけれど、
「1枚だけ食べさせる」と言われたら、私は迷わず信州小川にある「味菜」の蕎麦を食べる。

どこが「スポーツ振興」か?(2009。12。22)

町田市には「文化スポーツ振興部」があり、「スポーツで人とまちが一つになる」を合い言葉に
市民がスポーツに親しみ、健康増進が期待できるようにと「スポーツ振興計画」までが策定されています。
ところが、それが単なるアドバルーンに過ぎない現実に当面しています。

町田市の「体育施設使用条例」「同 施行規則」によると
「体育施設(テニスコート等)を使う場合は、3ヶ月前までに予約しなさい。使用料は前もって払いなさい」
とある。
そこまではいいとしても、
「キャンセルは1ヶ月前までに連絡しなさい。1ヶ月を過ぎると料金は返しません」
となっている。

連盟の主催大会では、大会予備日を、およそ本戦の1週間後に設定している。
本戦が終わったので予備日は使いませんという連絡をしても
「1ヶ月前」を過ぎているという理由から、予備日の料金は返してもらえない。
現に、成瀬クリーンコート10面を使用して行った「第3回ジュニア団体戦」では
使いもしなかったコートの使用料をとられてしまったのだ。
ボッタクリ・バーでさえ、1杯の酒代に大金を請求することはあっても
「飲みもしない酒代」をとることはないのでは・・・

町田市は、前もって酒代をとっておいて、飲まなくても返さないのだ。

「キャンセル」には一定のペナルティーが科せられることは理解できるが
ホテルや旅館でさえ、キャンセル料は4日前位からとなっているのではないだろうか。

小中学生や主婦・学生に、少しでも少ない参加費でソフトテニスを楽しんでもらいたいと
苦労しているのに、予備日のコート使用料までを計算に入れるとなると、
どうしても参加費を上げざるを得ない。
参加費が高額になれば参加者は減る。
「スポーツ振興」の名とは逆行する結果となる。

成瀬クリーンコート10面を2日間使うとなると、その料金は80、000円だ。

指定管理者(民間業者)にしてみれば、キャンセルがあっても使用料は貰ってあるのでこんな美味しい話はない。
市民の利益より民間業者の利益を優先していると言わざるを得ない。

この件に関しては、年度当初から体育協会、スポーツ振興課、町田市長に対して改正を要望したり、
市会議員に陳情したりと努力はしているが動きがない。

来年は市長選挙・市議会議員の選挙がある。

さあ、誰を応援しようかな。

お世話になります、整形外科医(2009。10。14)

子どもの頃から整形外科医には、しょっちゅうお世話になっている。
注意力が散漫なのかもしれない。

記憶に残っている最初は、小学校に上がる前に椅子から落ちて、肩の骨を折ったこと。
それから、足首の捻挫は数知れず。
長じては、野球でキャッチャーをしていての突き指。
この突き指は重症で、今でも右手の中指と薬指は曲がったまま。
バイクで車とぶつかって手首の骨折。
その他数えられない程、整形外科のお世話になっている。

特に、今年になってからがひどい。

1月に「椎間板ヘルニア」を発症して、手術の日まで決めたが
幾らか楽になったようなのでそれをキャンセル。
3月には股関節の手術で1ヶ月入院。

退院してしばらく無事にテニスをしていたところ、
今月に入って自転車で転んでろっ骨を強打。
2週間たっても咳きやくしゃみをすると響くので、レントゲンを撮ってもらったが、骨折はないとのこと。

やれやれと思った翌日、台風襲来。
家の裏側の様子を見ようと雨の中を出たところ、濡れたコンクリートで滑って転び、足首を傷めた。
単なる捻挫だろうと思ってそのまま放置しておいたが、妻が医者に行けと言う。
おととい行ったばかりなので、医者に何と言われるか嫌だったが、
痛みが引かないのでしぶしぶ出かけたら
「○○さん、またですか、今度はどうしたの?」と言われてしまった。それもニヤニヤしながら・・・
結果は足首のヒ骨骨折。すぐギブス。

報道によると、台風によるけが人は118人だそうだが、
正しくは私が119人目のけが人。

整形外科医の先生、これからは先生には会いに行かないですむように気をつけまあ~~す!

「大山鳴動 ゴーヤー1本」(2009。7。28)

「ゴーヤーを植えて、夏になったらゴーヤー料理を沢山食べよう。日差しを遮るので省エネにもなるし」
と意気込んで、苗と肥料を買って来た。
玄関先のアーチに巻き付くように植えて、実のなるのを楽しみにしていた。
そのうちにつぼみがついて来たが、雄花ばかりで、肝心な雌花がなかなか付かない。
ようやく雌花が一つ付いたので、触ったりして落ちてしまわないように大切に注意しながら毎日眺めていた。
しかし、雌花はその1本以外には見当たらない。
だんだん成長してきたので 、 そろそろ採らないと黄色くなってしまう。
今日にでも収穫しようと思うのだが、これを採ってしまうとあとにはただの葉っぱだけが残るだけ。
大騒ぎして植えたのに、結果はこの1本だけ。

世の中は「麻生だ 鳩山だ」「自公だ 民主だ」と暑苦しい騒ぎになっている。
社民・共産・国民新なども加わって今後さらに盛り上がる事だろう。
景気を良くしてくれるのは、弱者に優しくしてくれるのはどこなんだと
論議もますますうるさくなるに違いない。

まさに「大山鳴動の夏」の雰囲気だが
収穫の秋になって「あの騒ぎは何だったのか」ということにならないだろうか。

「大山鳴動 ゴーヤー1本」の結果にならないようにして欲しいものだ。 





ホームレス歌人
(2009。6。10)

朝日新聞に毎週月曜日に掲載される「朝日歌壇」をお読みの方は
ホームレス歌人、公田耕一さんのことをご存じでしょう。
入選した賞品を送ろうにも住所がわからず、「名乗り出て下さい」との呼び掛けに対しても
「今の私にはその勇気がありません」との連絡があったという事です。

初めて入選したのは昨年12月8日でした。

(柔らかい時計)を持ちて炊き出しのカレーの列に二時間並ぶ

という歌で、(柔らかい時計)というのは、画家サルバトーリ・ダリの絵の題名であるが
この歌では、それを(腹時計)の意味に使っているようです。

その後、次々に入選しています。

鍵持たぬ生活に慣れ年を越す今さら何を脱ぎ棄てたのか(12/22)

水葬の物語りなどあるならばわれの最後は水葬で良し(1/5)

日産をリストラになり流れ来たるブラジル人と隣りて眠る(1/19)

美しき星空の下眠りゆくグレコの唄を聴くは幻

「水葬」の歌からは、戦後を代表する歌人、塚本邦雄の第一歌集「水葬物語」を読んでいる事がわかるし
ジュリエット・グレコのシャンソンにも親しんでいたことなど
文学や絵画、音楽にたいしても造詣が深く、公田さんのインテリさが滲み出ているそうだ。

毎週、多くの短歌が寄せられるだろうから、入選するだけでも大変な事だろうに
左の歌のように3人の撰者が同時に入選を決めると言うことは
未だかつて誰も成し遂げなかったのではないでしょうか。

「親不孝通りと言えど親もなく親にもなれずただ立ち尽くす」

歌の内容から、横浜の寿町辺りにいるのではないかと推測されているそうです。

肺を病み医療保護受けドヤ街の柩(ひつぎ)のやうな一室に居る

体調が良くないようだ。

最近の歌に

百均の「赤いきつね」と迷いつつ月曜だけ買う朝日新聞

というのがあった。
手のひらに握りしめた小銭で、「赤いきつね」を買おうか
それとも、もしかしたら自分の歌が入選して掲載されているかもしれない
「朝日新聞」を買おうか迷っている公田さんの姿までが目に浮かぶ。

歌心など全く無い私も、月曜日の「朝日歌壇」だけは楽しみにしている。

そこで一首

政治面社会面かと迷いつつ月曜まず読む朝日歌壇(駄首失礼!)

裁判員制度(2009。5。25)

裁判員制度がスタートした。
私の息子のお嫁さん宛に、「裁判員候補になりましたよ」 という連絡が来たそうだ。
本人は、「悪い人はどんどん死刑にしてやるんだ」と、冗談まじりに話していた。

裁判員候補者が実際に招請される確率はごく少ないだろうが
全く無いとは言えない。
殺人や放火などの重大な事件に限って裁判員が招請されると言う事なので
その時には「死刑にするか無期懲役にするか」などの選択を迫られる事になるだろう。

そこで避けて通れないのは、「死刑制度の是非」だ。

私自身、「死刑制度の是非」について深く考えた事など無いが、
このところ報道されるような非道な犯罪を犯した犯人に対しては
「こんな奴は死刑にしろ」と思うことが多々ある。

そのような時に、誰かから、冷静に「死刑制度は是か非か」などと問われると答えに窮する。

「裁判員制度」は、一般の民間人の感覚を裁判に採り入れるのが主旨だと言う事なので、
「一般民間人」であり「裁判の素人」である私のような者の感覚で判断して良いのではないだろうか。
そうであれば、「殺す相手は誰でも良かった」などとうそぶく狂人のような犯人に対して、
私なら迷わず「死刑」を選択すると思う。

私が学生だった頃は、まだ「尊属殺人」に対しては重罪が適用されていたが
現在は「尊属殺人罪」という罪名そのものが憲法違反だということで無くなっている。
尊属を殺すにはそれなりに深い動機がある(と言っても罪を軽くしてよいと言う訳では無い)ことが多いのに比べて
「殺す相手は誰でも良かった」などという「動機なき無差別殺人」に対しては重罪を与えたい。

「秋葉原の歩行者天国殺人事件」の犯人よ。
私があなたの裁判に、裁判員として呼び出されない事を祈りなさい。

「お熱計らせて貰っていいですか」(2009。4。20)

3週間入院して全身麻酔による整形外科の手術を経験した。
10年程前にも同じような手術を経験しているので、特別な緊張感などはなかったが、
手術前後の行程で、幾つかの違いがあったのには驚いた。

その中で、特に違っていた事の一つに
手術台に「患者が自分で登って横たわる」と言う事だった。
前回も同じような手術だったけれど、その時には病室で意識を薄らげるような筋肉注射をしてから
ストレッチャーに載せられて手術室に運ばれていき、手術室に着く頃には殆ど意識が無くなっていた。
その後、麻酔から覚めて名前を呼ばれて意識が戻った時には手術は終わっていた。


ところが今回は、手術室まで歩いて行き、
大勢の白衣の人(医者・麻酔医・看護師)が見守る中
「はいどうぞ」との声で自分で手術台によじ登って横たわったのだ。

その他、幾つか違っていた事はあったけれど、
依然として変わらなかったのは
看護師(今は看護婦とは言わない)さんから、一日に何度となくかけられる
「お熱計らせてもらっていいですか」の言葉。
(左の写真はイメージです)

入院中には何人もの看護師さんにお世話になり、心から感謝していますが
どの看護師さんも、一字一句変わりなく同じ言葉で検温していきます。

熱計らせもらっていいですか」と
丁寧語なのか尊敬語なのか謙譲語なのか詳しい判断はできないけれど
「検温します」「体温を計ります」ではなぜ駄目なのかと思う。
入院して身動きもできないでいる患者が「お熱計らせてもらっていいですか」と看護師さんに言われて、
「いやあ、いまちょっと考え事をしているので、あとにしてくれないか」などと言うはずもない。
「患者様」などと呼ばれて何だか落ち着かない気分になるのと似ている。

お洒落なセリフ(2009。2。9)

オバマ大統領がどこかの小学校(幼稚園?)を訪問して、子供達と話し合っている様子が報道された。

オバマさんが一人の子どもに
「大きくなったら何になりたいんだい?」
と質問したら、その子が
「 大統領になりたい!」と答えたそうだ。
それに対して、オバマさんは
「もう少し僕に大統領をさせてくれよ」と応じたという。

微笑ましくて、洒落た会話ではないか。
私を含めて、一般的に日本人にはこのような会話のセンスがない。
日本人だったらせいぜい「頑張ればきっとなれるよ」ぐらいの返事をする程度ではないかな。

ちなみに、現在の支持率が2割を切る左の方が
洒落たつもりでオバマと同じ返事をしたらどうだろう。
おそらくブーイングの嵐が吹き荒れるに決まっている。

政権末期のブッシュも、イラクで靴を投げ付けられた時にでさえ
「今の靴のサイズは○○インチだったよ」と言ったそうだが
苦し紛れとは言え、洒落ていると思う。

昔、テレビでは、アメリカのテレビ番組が数多く放映されていた。
私が特に好きだったのは「マーベリック」「ローハイド」「シャイアン」「拳銃無宿」
「87分署」「ペリーメイスン」「弁護士プレストン」「ベンケーシー」などなど沢山あったが
なかでもタイ・ハーディンが演じる「ブロンコ」という西部劇がお気に入りだった。

ブロンコがどこかの町へフラリと立ち寄った時に
その町の住民から
「あんたのことは良く知ってるぜ。
○○(町の名)の大通りで、一人で12人を相手にしたんだってな」
これに対して、ブロンコは
「うわさ話っていうのは、大きくなるもんだな

大通りなんかじゃなかったぜ」

今でも覚えている洒落たセリフだ。

「昭和は遠く・・・」なったかな(2008。12。11)

今朝の新聞に
「美しい鼻濁音 消滅は寂しい」という題で
鼻濁音(半濁音)を正確に発音しない風潮を嘆く投書があった。
「ありがとう」の「が」、「お過ごし下さい」の「ご」などがそれにあたる。
特に若い女性やアナウンサー、とりわけ今人気のテレビドラマ「篤姫」を演じる女優が
「カ行濁音」を連発することに「軽い忍耐を要した」と書いている。
「将軍の御台所となるために、言葉も厳しく直されたはずなのに」というわけだ。

その記事を読んでいる時に、ちょうどテレビで天気予報を放映していたので
アナウンサーが鼻濁音をどのように発音するかを聞いてみた。
すると「日本海側」と言うべき時に「ニホンカイ(ガ)ワ」と
「カ行濁音」で発音していたのだ。

もっとも、「カ行濁音」と「カ行鼻濁音」を区別して表記する文字そのものがないのだから
嘆いてみてもしょうがないのかも知れない。
「カ」に濁点(”)と半濁点(°)をつけて区別する事もあるようだが、
「カ行」に半濁点をつける事は一般的ではない。

死んだ父は「火事」を「クァジ」と発音していたが
今では区別して発音しないような言葉は他にも色々ある。
「 ゑ」とか「ゐ」などの文字も今は使われる事は殆どない。
やがては「鼻濁音」そのものも消滅してしまうのではないだろうか。
昭和は遠くなりにけり」

※後日、上述の投書に対して、「広島弁にはもともと鼻濁音は存在しないので」という投書があった。
 私は寡聞にして知らなかった。

それでも守りたい「言論の自由」(2008。11。7)

田母神元幕僚長が「日本は侵略国家ではない」との論文を発表したことから退職に追い込まれ、
退職金を自主返納するように迫られているというニュースが流れている。

この裏には、論文を募集していた会社と政治家との繋がりや、
現時点で解散総選挙となった場合の麻生内閣の危機感など、色々な思惑が見えかくれしている。

私はその論文を読んではいないので、内容についてとやかく言うつもりはないが、
浜田靖一現防衛大臣や久間元防衛大臣、石破前防衛大臣らが異口同音に非難していることには違和感がある。
内心では田母神論文の内容には同感しているのに、立場上「臭いものに蓋をしておけ」ということは
彼等の過去の言動や、現在でもうやむやになっている「靖国問題」をみても明らかではないか。

それでも、民主主義の根幹である「言論の自由」は、どんな場合でも保証されなければならないと思う。
もちろん、自衛隊という、事実上は軍隊という武力集団のトップの立場に居るものが
政府見解と異なる発言を公に発表することと、
一介の民間人が自分の考えを述べることとは区別すべきだということは理解できる。
しかし、時の権力者(今は自民党・公明党)と異なる考えを述べたら制裁するという流れが
もしも一般化するような事があったらしたら、社会全体に及ぼす影響は深刻だと思う。
今後どんな政党が権力を握ったとしても、権力者と異なる意見を表明する自由は保証しなければならないし、
その事をもって当人の不利益になるような制裁があってはならない。
民主主義の根幹に関わる問題である。

傍目八目NO4へ

傍目八目NO6へ

表紙へ