(岡目八目)NO6
世間を斜に構えて見直すと、見えなかったものも見えてくる


「町田ゼルビア」に恨みはないけれど(2012.11.15)

サッカーには興味がなく、わが町田市を本拠地とする「町田ゼルビア」の成績にも関心はないが
最近、J2からJFLに降格したというニュースが全国放送で流れた。
わずか1年で降格したのはJリーグ史上初めての屈辱だということが日本中に知れ渡った。
ところが、石阪町田市長の
「今後さらに30億円から40億円の費用をつぎ込んで、スタジアムの改築、選手の強化に充てるので頑張ってほしい」
との談話が新聞に掲載されていた。
ゼルビアにつぎ込む30億40億の金は、市民の「税金」。

ゼルビアの本拠地である「野津田陸上競技場」には、3面のテニスコートが併設されている。
テニスコートのそばには、空き地が広がっている。
以前から、この場所にテニスコートを作ってほしいという要望を町田市に出しているが、
「金がない」との一点張りで一向に実現しない。
そのため、町田市からの委託事業である各種のソフトテニス大会は、一か所で開催できず
離れた場所にある2面、3面のコートで分散して行っている。
町田市が当番市として開催する「市町村大会」も
市内の企業のテニスコートや多摩市、八王子市の施設を借りて開催するという有様だ。
市長として恥ずかしくはないのだろうか。

ここにきて、藤の台テニスコートの駐車場が有料化になるという。
「受益者負担が原則」だという説明だ。
藤の台テニスコートを管理・整備しているのは町田市ではなく、
「藤の台テニスコート管理運営委員会」。一般のテニス愛好者だ。
雨上がりなどには、コート整備のためだけに遠方から車で来て整備する人(もちろん報酬などはない)がいるのに、
その人達の駐車料金までとって「町田ゼルビア」のために使うのか。

「町田ゼルビア」には恨みはないけれど、「ゼルビアさえなければ・・・」が私の正直な意見だ。


焼けぼっくいに火
(2012.7.3)
「焼けぼっくいに火」とはこんな時のことを言うのではないけれど
ほかに適切な言い方が浮かばない。

中学校の同窓会に出た時、その昔私にラジオ作りを教えてくれたS君に会った。
その時は特にどうという話はしなかったが、
数日後に、彼から「真空管アンプ作りに挑戦」という本が送られてきたことから
私の心の中の「アンプを、それも真空管アンプを作りたい」気持ちに火がついた。

本の中にあるアンプのキットが目に止まった。
完成品を買えば20万円近くするのだが、キットから作れば半値以下でできる。
60年ものブランクがあり、テスターも持っていないのに、それを注文してしまった。
S君に「こんな本を僕に送って、昔の虫に火を付けた責任は取ってもらいますよ」
とメールしたら
「責任は取りたくありません。あくまで自己責任でやりなさい」とつれない返事。


「真空管のオレンジ色の明かりを見ながらジャズを聴き、ウイスキーを飲む」
この楽しみに向かって、挑戦だ!
しかし、困難の連続が待ち構えていた。

まず、テスターやハンダごて・ハンダなどを手に入れなければならない。
それには秋葉原詣でだ!
メイド喫茶の呼び込みのお嬢さんには目もくれず(ウソ!)部品屋を歩き回って目的の物を購入。
さあ、配線作業だ。


部品は小さいし、抵抗やコンデンサーを見ても
どれが何だかさっぱりわからない。
おまけに電気の理論はさっぱりなので、S君にメールで聞きながらの作業。
毎日少しずつ作業を進め、1週間ほどで配線完了。
さあ完成したぞ!
スピーカーを繋ぐ前に、各部に規定の電圧が出ているかを調べて見よう。
ところが、な、なんと、まったくと言っていいほど出ていない!
それからが苦難の日々。

どこをどうしてよいやらさっぱり見当がつかないので、師匠であるS君に毎日メールで教えを乞うた。
電気の理論をまるで理解していない私に、その都度小学生に教えるように分かりやすい返事をくれた。
その教えをもとに、何回も配線を見直し、せっかく取り付けた基板を外してハンダ付けをやり直してはまた取り付け。
それでもダメ。
またまた「師匠!教えて!」とメール。
その都度、配線図を見ただけでどうしてこんなことまでわかるのかと思うほど、専門的で的確なアドバイスが届く。
これがまた1週間続いた。

「配線は間違ってはいない、ハンダもしっかりついている、電圧測定、またダメだ、基板を取り外し、ハンダのやり直し・・・」
師匠の教えに添って、これを何度繰り返したことか。
完成の前に私の寿命が尽きてしまうのではないかという不安さえ感じた。

師匠のS君に出張して貰えば簡単だけど、「武士の一分」が許さない。
しかし、その「一分」も揺らぎかけた昨日、
ある回路を見直していて、ちょっと変だなと思うところをいじってから
電圧を測定したら、なんと規定値が出ているではないか!
震える手でスピーカーを繋ぎ、CDを接続してみると
「ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番」が流れ出した!!!
やったあ~~~~
不覚にも涙がこぼれた。

ゆうべはウイスキーを飲みすぎたのは言うまでもない。

捨てられないで押入れに入れておいたレコードを取り出し、
カートリッジを選んでプレーヤーで聞く楽しみが戻ってきた。
まさに「デジタルからアナログへ回帰」できた。

焼けぼっくいに火をつけてくれたS師匠に感謝である。





金環日食の際に、ある哺乳類に起きる異常な行動(2012.5.23)

わが輩がまだ小さかった時、北海道の礼文島で金環日食が見られた。
当時住んでいた関東地方で部分日食を見た記憶がある。
それ以降、日本の各地で何回かの日食があったが、その都度、ある哺乳類に異常な行動が見られた。

その動物たちは、日食の起こる日が近くなると
空を見上げては「あーでもない、こーでもない」と
いつもなら見ようともしない太陽が、その時に見えるかどうかを気にし始める。
そして、黒いメガネを手に入れようと駆けずり回るのである。

いよいよその時がやってきた。
すると、その哺乳類のほぼすべてが、その黒いメガネをかけて、
あんぐりと口をあけて立ち止まって空を見上げるのだ。
中にはよだれを垂らしたり歓声をあげたりする動物もいる。

それだけならまだ許せるが、中にはわが輩たちの近くに集まって来て
どういう意図なのか、我々をカメラに収めようとする哺乳類もいる。

聞くところによると、金環日食の時には、隣の檻にいるカンガルーが喧嘩したり
向こうにいる象がプールに入ったり、チンパンジーが高いところに登って空を見上げたり
身を寄せ合ったり警戒音を発したりするのではないかと思われているらしい。
隣の檻のワオキツネザル君が、大きくジャンプして移動するなどとも報じられているようだが、
ワオ君がなぜそんなことをする必要があるのか解らない。

普段から写真に撮られるのには慣れてはいるが、
金環日食の日になるとその哺乳類達が大勢押しかけてきてわが輩たちにカメラを向けるのである。
そして、われわれがいつも通りにのんびりしていると
ガッカリしたようすでカメラを畳んで去っていくのだ。

金環日食になると、この種の哺乳類の異常行動は、日本だけでなく全世界的なようで、実に興味深い

「そう言うお前は誰だ」って?
わが輩は猫、じゃなくて「上野動物園の猿山の猿」だが、何か問題でも?


白バイにつかまりました(2012.4.21)

野津田テニスコートでの強化練習が終わり、
「家に帰ったら風呂にでも入って一杯やろう」と、
いつものように野津田交差点を右折して我が家に向かって原付を走らせていた。
すると、いつの間にか後ろにいた白バイから、「左に寄って止まってください」と声がした。
何のことかなと、言われた通りに止まった。
白バイの巡査が「先ほどの交差点を右折してきましたね」というので「そうですが、何か?」と答えた。
右折車線にいて、前の車の後について右折したし、信号も青だし、なにが悪かったのか見当がつかない。


そのお巡りさんが言うところによると、その交差点は「二段階右折」をしなければならないのだという。
「二段階右折」をしなければならない交差点を右折した経験は何度もあるけれど
先ほどの交差点にはそんな標識はなかった。
すると、道路交通法が改正になって、そこは標識がなくても「二段階右折」をしなければならない交差点だという。

脇を通り過ぎる車の中から、私をじろじろと見る視線が気になって、
この場は言われるとおりに切符が切られるのを待った。
免許証を見せると「おや、ゴールド免許ですか」と言いながらも、何のメリットも無かった。

(この後の文は、この交通法をご存じだった方は「知らないほうが悪い」と思ってください)

違反の内容がよくわからなかったので、翌日、町田警察署へ説明を求めに行った。
そこで、交通課の警察官に「道路交通法」の該当箇所を聞いたところ、下のような条文があることを教えてくれた。

 原動機付自転車は、第二項及び前項の規定にかかわらず、道路標識等により交通整理の行われている交差点における原動機付自転車の右折につき交差点の側端に沿つて通行すべきことが指定されている道路及び道路の左側部分(一方通行となつている道路にあつては、道路)に車両通行帯が三以上設けられているその他の道路(以下この項において「多通行帯道路」という。)において右折するとき(交通整理の行われている交差点において右折する場合に限る。)は、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、かつ、交差点の側端に沿つて徐行しなければならない。ただし、多通行帯道路において、交通整理の行われている交差点における原動機付自転車の右折につきあらかじめ道路の中央又は右側端に寄るべきこと道路標識等により指定されているときは、この限りでない

一読して意味が分かった人は法律家かもしれない。私には理解不能だ
要するに、3車線以上ある交差点では、たとえ右折専用車線があっても
「原付は二段階右折せよ。そのための標識なんて設置してありませんよ」ということらしい。

私の原付運転歴は50年以上、普通免許の更新は何回も経験したが
道路交通法がこのように改正されましたよと教えられたことはない。
道交法を改正しておいて、運転している者に周知する努力をすることなく
いきなり「違反だ」と捕まえて1点減点、罰金3000円を課すなんて乱暴ではないだろうか。

さようなら、ゴールド免許証!!

勝ち組の論理(2012.3.7)
このところ、橋本大阪市長の放言が目立ち、
それをまるで「先駆的理論」かのように取り上げるマスコミに辟易する

最近では、職員のメールの内容を調査せよと命じたり
学校での君が代斉唱を先生に押し付けたりと
公務員を目の敵にするような発言が多い。

私が特に違和感を感じるのは、義務教育でも「留年制度」を取り入れようとの発言だ。

弁護士でもある橋本氏は、学生時代を通じて
「お勉強の出来る子」であったに違いない。
「勉強が出来ない子は「留年(落第)させればよい」という考え方は
ある意味で「勝ち組」の考えがちなことだ。

日本の学校制度から言えば、従来から「留年」させることは可能であったし、
アメリカでは何年にも渉って「留年制」を施行したがうまく行かないので
現在は行われていないそうだ。

いろいろな問題点が指摘されているが、私も次の点から大反対である。

勉強が出来ないのは
「子どもが悪い」のではない。
算数がわからない、漢字が書けない子がいるなら、
判るように指導法を工夫して、わかるようにしてやるのが教師の役目。
「出来ない子は留年させる」という制度ができたとしたら
教師達は「いかにして子どもたちに理解してもらえるか」という努力をしないですむ。
[判らないおまえ達が悪いんだから留年だ」と言ってすますことができる。
「そんなことを言われても、1クラスの子どもの数が多くて、とても一人一人に目が届かないよ」
などという言い訳をするようなら、教師失格だ。

橋本市長が目の敵にしている「ダメ教師」をはびこらせるにはとても良い策だ。


味覚音痴(2012.2.14)

私は、自他(この場合の「他」は妻のこと)共に認める味覚音痴のようだ。

特に、アルコール類については全然ダメである。
「ビール」なのか「日本酒」なのか「ワイン」なのかぐらいはわかるが
「高級」なのか「安酒」なのかとなると全然判らない。

今までは人並に、
「ビールは、やっぱり生ビールに限る。ビンなら麒麟のラガーだ。」と
いつも近所の酒屋さんから配達してもらった大ビンの麒麟ビールを飲んでいた。

ところが、息子達が遊びに来ると、麒麟ラガーは苦いと言って
発泡酒などを買ってきて飲んでいる。
そんな時には「この年になって発泡酒や第3のビールなんて飲めるか・・・!!」
と啖呵をきっていたものだ。

ある時「違いがわかるか飲み比べて見よう」と
ラガービールと発泡酒をブラインド・テストをしてみたが、さっぱり違いが判らない。
第3のビールにしても同じように違いが全く判らない。
それ以来、値段の安い発泡酒を飲んでいるが、
たまには奮発してラガーも飲む。




日本酒については、もともと違いは判らない。
安い酒なのか、高級な酒なのかなど、さっぱりだ。
ましてや、酒の産地など判るはずもない。

「利き酒」なることをやっている人をテレビなどで見かけるが
尊敬してしまうと同時に、ある意味「不幸な人だな」とも思う。

「酔える酒が良い酒なんだ!」と思える私は幸せだ。



20年遅れてやって来た「50肩」

それは突然やってきた。
火曜日にはテニスをやって、何ともなかったのに
水曜日の昼過ぎになって、急に左の肩が痛くなってきた。
その痛みは、どんどん強くなっていく。

ちょっと異常な痛みだったので、またまたおなじみの整形外科医へ行くはめに。
レントゲンをとるので上半身裸になってくださいと言われたが、
左腕が上がらないので、悪戦苦闘していたところ
「手伝いましょうか」と看護婦さんが声をかけてくれた。
「喜んで!!」とばかりお願いした。
女性に服を脱がされたのは入院時以来だ。

「石灰が溜まってます」とのご宣告。
いわゆる五十肩とは違うようだが、
左腕全体が痛い上に、腕を動かすことができない。
痛み止めとシップを貰って帰宅する。

ところが夜になると痛みがますますひどくなり
寝ていることができない。
「左腕を肩から切り取ってくれ!」という痛み。
翌日も、昼間はなんとか我慢できるが
夜になると痛みが倍増、3倍増・・・

五十肩を煩った友だちは何人かいるが
こんな痛みに見舞われていたなんて知らなかった。

インターネットでこの病気について覗いてみると
完治までには1ヶ月から半年かかりそうだ。
やれやれ・・・またまた整形外科通いかあ・・・

これはどこのリゾート?(2001.9.20)

あっちを見ても


こっちを見ても


どこを見ても

まるでリゾート地

いったいここはどこでしょう?

正解は

そう、小学校の運動会でした。
地方の学校で、学校の敷地が広いのでこんな景色になるのでしょう。
自分の子どもの種目になると、カメラやビデオを手に運動場に行き、
出番が終わるとパラソルの下でのんびり。
昼には、子どもたちがパラソルを目印に集まって

母親が早起きして作ったお弁当を親子で食べる。
昔の「村の運動会」の景色が、様変わりしているとはいえ
今に残っていました。


人類は「自家中毒」で滅亡する
(2011。8。3)

原発事故の被害が日ごとに拡大している。
現在知り得る情報の内、食品関係で危険と言われているのは、主に東北地方の魚介類・牛肉・野菜などだが,今後どんどん拡大していくいくことは確実だろう。
特に、東北地方の米どころの水田が汚染されていたら、日本人の主食は大打撃を受ける。

ユッケなどの「なま肉」を食べる時には表面を削る「トリミング」をすればいいそうだ。
(削りとった肉はどうしているかな。過熱して使うのか、はたまた捨てるのか。)
放射能で汚染された地面の表面も「トリミング」しているが、その土はどう処分するのか。
肉と違って、こちらは大問題だ。

東西ドイツの壁が崩壊した時、次は南北朝鮮が統一し、中国と台湾も仲直り。
やがては地球上のすべての宗教や人種の壁も無くなって、世界平和が訪れる・・・
そんな時代が来るのなら長生きしたいもんだと思ったが、今のアフリカや中東を見ると、どうやらそんな世界は来そうもないな。






映画の世界では、未知な天体からUFOに乗ったエイリアンが
人類を滅ぼすためにやってくる。
「インデペンデンス・デイ」や最近見た「スーパー8」などもそうだ。
しかし、今のままでは、人類は自らつくり出した放射性物質によって
自ら滅びていくことになるだろう。

人間が作った「PCB」なども困った物質で、燃やそうとしても燃えないし、溶かそうとしても溶けないし、蹴っ飛ばせば向こうに転がっていくだけ。
放射性物質も、自然界にも存在はするが危険な量ではないのに、人間が大量に作り出してしまった。

息子が幼児の時に、よく「自家中毒」を起こした。
これは、自分の体の中で作られた「ケトン体」という物質が原因だそうだ。
自ら作り出した物質によって自分が苦しむ・・・
今の人間は、まさに「自家中毒」で苦しんでいるようだ。

エイリアン達よ、わざわざ遠くからおいでにならなくても、人類はそのうちに自滅するかもよ。


東日本大震災
(2011。3。19)

起きてはならない大震災が発生した。
さらに、原子力発電所の事故という人災も。
多くの人が、言語に絶する苦難を強いられているが、
我々にできる事は限られている。
希望を捨てずに前に進んで欲しいと願うだけだ。

 

町田市でも「計画停電」が実施されている。
戦時中の停電を経験している者にとって
停電そのものには耐えられるが
当時と違っているのは、生活のすべてを電気に頼っていることだ。

我が家もいわゆる「オール電化住宅」になっている。
停電になると、お湯ひとつ湧かす事が出来ない。

ガスを使うより安上がりだし、裸火がなくなるので安全だと考えた結果導入したのだが
「深夜電気料金を安く使える」という裏には
発電量を細かく調整できない「原子力発電所」の存在があるという。
電力会社の宣伝に乗せられたのかも知れない。

停電が長引いて、暖房もない部屋の中にいて、ひたすら電気が回復するのを待っていると
だいぶ前に読んだ 星 新一の「ショート ショート」を思い出す。

~~~近未来、すべてを電気に頼っている社会で停電が発生した。
暖房は止まり、冷蔵庫の食糧は腐り始め、輸送手段も止まったため、
人々は飢えと寒さに次々と死んでいった。

その時、家の中で飼っていた猿が木の棒を手にとって擦り始めた。
何度も何度も擦っている内に、かすかに煙が立ちのぼった。
やがて、ポッと炎が・・・・~~~

技術の進歩に文句を言う訳ではないけれど (2011。2。7)

科学技術の進歩はまさに日進月歩。
まだまだ十分に使えるものでも、新しいものが売りに出ると買い替えたくなるものだ。
またそれだけの価値(使い安さ・性能)がある.
特に、アナログからデジタルへ移行する現在、
それに対応するための時間と費用はバカにならない

レコードが増えてしまって、置き場に困っていたら
MDレコーダーというものが現れた。
レコードを全部小さなMDにして、元のレコードを処分したらスッキリするだろうと
作業に取りかかった。
例えば、左のレコードは、お気に入りのレコードで
演奏したグループのサイン入り。
これをMDにしたものが下の写真。

MDにしたからといって
サイン入りのレコードを捨てる訳には行かず
両方を持ち続けることになってしまった。

さらに、このレコードをCDにしたものが売られていたのでそれも購入したため、
置き場所も3倍になってしまった。

オープンリールやカセットテープは処分したが
レコードとMDとCDとで
同じものがいくつも溜まってしまった。
音質の面から言えば、レコードが一番いいのだが、
使い安さを考えた挙げ句のことだ。
スッキリするどころか、ますます置き場が無くなってしまった。
さらに音質の良いスーパーCDというものがあるそうだが
耳を塞いでおこう。

映像の世界ではさらにひどいことになっている。

子どもの成長を記録した8ミリビデオテープが山ほどあるが、再生する機器にガタがきているので
いつ見られなくなってもおかしくない。
そこで、それらをブルーレイに記録して、テープは処分しようと取りかかった。
ブルーレイは優れもので、テープ20本ぐらいが1枚のディスクに収まる。
すべてをブルーレイにダビングして8ミリビデオテープは処分。

一方、テレビの映画はソニーのベータに録画していたが
途中からは限界を感じてVHSに変更して記録していた。
そのうちにレーザーディスクが出て、画像も格段に綺麗なので思い切ってビデオは殆ど処分。
と、ここまでは良かったんだけど・・・



デジタル技術も進化しているので大変だ。
たとえば、映画「西部開拓史」の例で言うと、
左のレーザーディスクの大きさはレコードとほぼ同じ。
映画のレーザーディスクも数が多いので、それだけでもものすごく場所をとる。
そこへ登場したのがDVDディスク。

 

 

 

 


  さっそく購入してみたら、画質は殆ど変わらないしコンパクトになって良かった。
だが、やっぱりレーザーディスクは捨てられない。
と言う訳で、ここでまた2倍の場所を占めることに。









さらに、テレビをハイビジョンにしたところへ
この映画のブルーレイ・ディスクが発売になった。
画質の綺麗さはDVDとは圧倒的に違う。

結局、同じ映画のレーザーディスク、DVD,ブルーレイ・ディスクと
これも3倍に。

一度ブルーレイを見てしまうと、大袈裟に言えばDVD版の映像は見るに耐えない。
次々にブルーレイ版にしていくことになる。
その時、レーザーディスクやDVDを捨てられるだろうか。自信がない。
これから先、ブルーレイを凌ぐものが出来るのだろうか。
もう、これ以上は進歩してほしくない・・・

なぬ!?これからはハイビジョン3Dの時代だと!
そんなことになったら、ビデオカメラからビデオレコーダー、テレビ、映像ソフトもすべて買い替える必要が!!!

技術の進歩によって振り回されている私だけれど、
懐がさみしい年金暮しにとっては重大問題だ。


雁行陣の終焉 (2010。10。24)

今年の天皇杯は通算9回目となる中堀・高川ペアが優勝。
過去に例がなく、今後もこの記録は破られることはないのではないか。
39才と38才という年令も考えると、まさに奇跡とも言えよう。

高川選手は、試合後のインタビューで
昨年優勝した時と同じように
「もう(今後優勝することは)ありません」
と語っていたが、ファンとしては10回めの優勝も見たいものだ。

この試合では、「ダブルフォワード」の戦いが見られた。
「ダブルフォワード」とは
「後衛」「前衛」などという役割分担はなく、
本来は「後衛」である中堀選手も、サービスしたあとはサービスライン近くにまで前に出て
ローボレー、ボレー、スマッシュに加わるという戦法だ。
そのため、ファーストサービスも強打せずに
滞空時間の長いカットサービスを使う。
これは、韓国や台湾の選手が多く取り入れている戦い方で
これに苦しめられた日本選手が対抗策として行っていることのようだ。


ネットを挟んで4人が対峙して、硬式テニスのダブルスかバトミントンの試合をみているような打ち合いでポイントが決まる。
後衛が強打するボールを、前衛がポーチに出て決めるということは殆ど見られない。
極度の反射神経が求められるこの戦い方を、
本来前衛である高川選手はともかくとして、
後衛の中堀選手がよく取り入れたものだと感心する。
現に、昨年の天皇杯では従来の雁行陣で戦ったと思う。
30半ばを過ぎてから戦法を変えるためには
大変な努力を重ねたのだろう。

ソフトテニスダブルス特有の「雁行陣」は消え失せた。
今後、この戦いの型が一般化していくことになるのだろう。


 皇后杯の決勝でも、
佐々木・大庭ペアはダブルフォワード、
一方の杉本・森原ペアは雁行陣で戦い
ダブルフォワードの佐々木・大庭ペア(手前)が勝利した。

昔人間の私にとっては、「見せるスポーツ」としてはつまらなかった。
ソフトテニス特有の、相手ペアとの駆け引きや相手の心理の裏をかくなどという暇もないような
「ダブルフォワード戦法」
ソフトテニスの醍醐味は全く感じられなかった。


(写真はすべてテレビ画面を写真に写したものなので鮮明ではありません)



傍目八目NO5へ

傍目八目NO7

表紙に戻る