(岡目八目)NO7
世間を斜に構えて見直すと、見えなかったものも見えてくる


旭山動物園は「行動展示」の発想で人気沸騰(2016.8.2)

北海道旅行の一端で、旭川市の「旭山動物園」を訪れた。
ご存知のように、この動物園は単に「動物を見せる」だけでなく、
その動物が、自然の中で生き生きと行動する姿を見てもらうために、
従来の動物園が行ってきた展示方法とは異なる発想を取り入れた方法をとっている。

いわゆる「行動展示」という方法だそうだ。

河馬が、あの巨体で水の中を軽々と動き回っている姿や
ペンギンが水中では鳥のように飛んでいる様子、
アザラシが垂直に潜り浮かぶ姿が目の当たりに見られる。








左の「てながざる館」にはこれといった柵がないので、運動能力の優れたさるが
外へ飛び出さないだろうか心配になった。

このような展示方法をとったことから、動物たちの本来の魅力が伝わってきて入園者が増え、
閉園やむなしだった危機ををまぬかれて、今や日本有数の動物園へ急成長したそうだ。

園内には「北極熊館」「あざらし館」「ぺんぎん館」ほか、色々の施設があるが
それらの入り口や館内に「ワンポイントガイド」という説明者がいて、
詳しく親切に案内をしてくれる。
この方たちは「飼育係」でもあるということなので、自分たちが可愛がって育てている動物の魅力を
訪れた人に何とか伝えたいという気持ちが籠っている。


「親切」という言葉は、旭山動物園のすべての従業員に当てはまる言葉で、
駐車場の係員さんから売店の売り子さんなど、すべての人たちがとても親切で感動しました。

動物園の動物たちと同列に例えるのは大変失礼とは思いますが
係員さんたち、「人間という動物」の「行動展示」も成功している動物園でした。








「ナベツネが辞める? ウソだろ! 賭けてもいい」
(2016.3.16)

渡辺恒雄氏が、巨人の選手が野球賭博をしていた責任をとって
オーナーを辞任するとのニュースが流れたとき、
TBSラジオの「時事川柳」を聞いていたら表記の川柳が流れた。
「川柳」を作れる人の才能には日頃から脱帽しているが、これには笑った。


らに、試合前に組む「円陣」で「ガンバロー!」などと最初に声を出す選手に対して、
その試合に勝ったら選手一人一人から5000円を貰うこととなっていた問題も明らかになった。
また、負けたら、逆に声を出した選手が皆に1000円支払うのだという。


こんなことは巨人だけでなく、阪神タイガースも西武ライオンズもやっていたらしい。
こうなると、全球団にもあるのではないかと疑いたくなる。

我が愛する「横浜ベイスターズ」にも悪しき習慣はあるのだろうかと不安になっていたところ、
今日、放送された「時事川柳」を聞いて、「横浜ベイスターズだけはやってない!」という確信を持った。
曰く

「横浜じゃ 声出しすれば 損をする」

悔し〜〜〜い! こんなことを言われて!
今年こそ最下位脱出だ!

対岸の火事(2016.2.25)

今、アメリカは次期大統領候補の指名争いでやかましい。
その中で、共和党のドナルド・トランプ氏の過激な発言が、はるか太平洋を越えた日本にまで届く。
曰く
「すべてのイスラム教徒のアメリカ入国を拒否する」
「メキシコは強姦犯を送り込んでいる」
「メキシコ国境に万里の長城を造る」
「移民なんて糞くらえ」

最近に至っては、あろうことかローマ法王とやり合ったという報道もあった。
アメリカ人も、こんな人間を大統領候補に選ぶほど馬鹿ではないことを祈りたいが、
ニューハンプシャー州、サウスカロライナ州に続いて、メキシコ国境に近いネバダ州でもトランプ氏が勝利したとのこと。


我々にすれば「対岸の火事」として「高みの見物」を決めればいいことではある。
しかし、翻って日本の政治世界を顧みると、
民主党と維新の党が合流するとかしないとかを今朝の報道で知ったけれど、
国民はただ黙って見ているだけしかできない。
ましてや次期総理大臣をだれにするかなどについて、過去誰からも意見を求められたことなどない。

そう考えると、単なる「お祭り騒ぎ」にしか見えないアメリカの政治の仕組みにも
見習うべきところがあるのかもしれない。
「対岸の火事」ではなく「他山の石」とすべきなのかなあ。


戦後70年、真珠湾の今
(2015.12.25)

今年は「戦後70年」ということです。
だからと言うわけではないが、10月に、「真珠湾」と、そこに浮かぶ「戦艦ミズーリ号」「アリゾナ記念館」を訪れた。


1945年9月2日、「戦艦ミズーリ」の船上(この時ミズーリは東京湾にいた)で、日本が連合国に対して「降伏文書」に調印した。私が5歳の時だ。

我々日本人が、「ノーモア・広島」を口にすると、アメリカ人は「リメンバー・パールハーバー」と言い返すことが
今もって続いている。
日本軍の真珠湾奇襲を正当化する気持ちなど露ほどもないが、攻撃目標はアメリカの軍事基地であったのに対し、
広島・長崎の原子爆弾や、B−29による都会に対する空襲は、日本軍とは何の関係もない民間人を無差別に殺傷したという
大きな違いがあると思う。


真珠湾攻撃の際に沈められた「戦艦アリゾナ」は、引き揚げることをあきらめて、その真上に「記念館」を作り、
日本軍の「卑怯な」奇襲を今に伝えている。

上の写真の「戦艦ミズーリ号」の砲塔が上を向いているのは、その前に沈んでいる「アリゾナ」を守っていることを
表しているのだという。
沈んでいる「アリゾナ」からは、戦後70年経った今でも、毎日約1リットルほどの油が流出しているとのこと。
このことをアメリカ人は、「この戦争で生き残った最後の一人がこの世からいなくなるまで油の流出は続く」
と、感傷的に考えている。


それを聞いたとき、日本の福島原発の事故で飛び散った「放射性ストロンチウム」は、70年どころか
半減するのに2万年、四分の一になるのに4万年かかると聞いたことを思い出した。
すっかりなくなるのには何十万年もかかるのだろう。

昨日、福井県の「高浜原発」の再稼働が認められた。
人間は何と愚かな歴史を繰り返しているのだろうか。


今では高級魚の鮪(まぐろ)も、かつては「猫またぎ」
(2015.10.17)
 
 恥を晒すようですが、魚の食べ方、中でもサンマや鯵のような魚の食べ方が下手で、人前では恥ずかしくて食べたくない。
妻は、『魚の好きな猫でさえ、食べるところが無いので跨いで通る』というほどきれいに骨だけを残して食べる。


食べ終わると、これ見よがしに皿を私に見せつけるので、もう少し何とかしようとは思うけれど
内臓の苦い部分や小骨や皮を食べるのがどうにも嫌いなので、こんな皿になる。
      
ところで、「猫またぎ」というのは、「猫でさえ食べるところがない」という意味と、
「魚好きの猫でさえ跨いで通るほどまずい」という意味があるそうですね。

 現在では、獲った魚を、冷凍などの方法で消費者まで送り届ける「コールドチェーン」が出来ているけれど、
そんなものがなかった時代には、今では高級魚と呼ばれる鮪でさえ、すぐに腐ってしまうので
「猫またぎ」と呼ばれて、一般の人はほとんど食べる習慣はなかったそうです。

「種無しぶどう」や「種無しスイカ」があるのだから、
誰か「皮なしサンマ」「内臓なしサンマ」を作ってくれませんか?  無理か・・・・



「だいじょうぶ」の濫用で、日本語は「だいじょうぶ?」
(2015.7.18)

  左の「ぜんぜん大丈夫」のような言葉に接すると、体にアレルギー反応が出そうです。
 「ぜんぜん」に続く言葉は「〜ない」のような否定の言葉が続くことを予測しているのに
 「だいじょうぶ」と言う言葉が来ると違和感がありますよね。

  ところで近頃、何かと言うと「だいじょうぶ」と言う言葉が返ってくることが多いと思いませんか?
 これは、私の近辺だけのことなのでしょうか。
 気になり始めるともうダメだ。

  息子のお嫁さん(30代)に「夕ご飯を食べて行ったら?」と誘った時などは
 「だいじょうぶ。家に帰ってから食べます。」
  6歳になるその子ども(要するに孫)が、家の中でブロックで遊んでいる時に
 「公園に遊びに行こうか」と声をかけた時などにも
「だいじょうぶ〜」と断られてしまう。

 手元の「広辞苑」には
「だいじょうぶ・・・立派な男子 ますらお。 とりわけ壮健なこと。あぶなげのないこと。間違いのないさま」
などとあって、「断る」意味などはないはず。
それゆえ、私のような、分別をわきまえた(?)「後期高齢者」は
「だいじょうぶ」を正しい意味で使うぞ   と自分に言い聞かせている・・・はずなのに
  先日、スーパーでアイスクリームを買ってレジで支払いをしていたら
レジの係の方に
「ドライアイスはお要りようですか?」と言われた。
暑い日だったけれど、バイクで家に帰るのには5分とかからないので、溶けることは無いだろうと、
思わず「だいじょうぶです。」と答えてしまった。

 考えるに、「要りません」とか「結構です」などと言って断るのは相手に失礼なので、
「お申し出は大変ありがたいのですが、これこれこういうわけでその必要はありませんよ。」と
遠まわしにやんわりと断る言葉として使っているのだなあと、今更ながらわかった次第。

そういえば、家族で英語圏のレストランに行って、ウエイトレスに珈琲のお替りを勧められたとき
「ノー・サンキュー」と言ったところ、傍にいた息子に
「その言い方は失礼だよ。断るときには(アイム・ファイン)とか(ファイン・サンキュー)の方が丁寧」
と言われたっけ。

断るときに、相手の気持ちを傷つけないようにする心配りというのは、日本だけではないんだと思いました。
「だいじょうぶ」を英語にすると「アイム・ファイン」なんでしょうね。


「あの日から 原発止めた 首相来る」(2015.3.10)

3月10日の朝日新聞の朝刊は、1面から39面まで、繰り返し読むに値する重い記事で溢れていた。


言うまでもなく、この日が「東京大空襲」から70年目にあたることと、








翌日が「東日本大震災」および「福島原発事故」から4年目に当たること などからだ。






そんな中でも注目すべきは、ドイツのメルケル首相が来日していて、
安倍総理大臣や天皇陛下と会見したという記事だ。
冒頭の「あの日から原発止めた首相来る」という川柳も載っている。

そう、ドイツは福島原発事故を教訓に、「脱原発依存」に方向変換した国だ。
それなのに、当の日本は「原発再稼働」に邁進している。

第二次世界大戦の敗戦国であることは共通している両国だが、
フランスをはじめとするヨーロッパの国々から友好と信頼を得ているドイツに比べて
中国・韓国という近隣の国と、今もってギクシャクしている日本と、どこが違うのだろう。
メルケル首相の言葉の中に、その答えがはっきりと見えている。

まず、第二次世界大戦が終わったことを、日本では「敗戦」とか「終戦」と呼ぶのに対し、
ドイツでは「解放」と言うのだそうだ。
この認識の違いが大きい。
また、「過去の総括こそ和解の前提」と言う言葉だ。
「和解の仕事があったからこそEUができた」とも言う。

日本の過去の総理大臣が、「過去の戦争でアジアの国々に多大なご迷惑をおかけした」
と謝罪の言葉を述べたその足で、戦犯を祀っている靖国神社に参拝するなどという
中途半端な態度をとるのに比べて
ナチスの戦争犯罪人を、地球の果てまで追いかけ、追いつめて処刑するドイツの、徹底した総括との違いだ。

原発事故の政府事故調査・検証委員会の元委員長が、
「継続検証は不十分。事故は起きる。対策をとる必要性がある」
と述べた記事も、一面に掲載されている。

政治家は、この国をいったいどうしたいんだ!

奇しくも、翌日の「朝日川柳」には
私と全く同じような考え方をしたお二人の川柳が掲載されていた。















ワールドカップをこの目で見たい!
(2015。3.5)
「何のワールドカップ?」だって?
勿論、2019年に日本で行われるラグビーのワールドカップのこと。

競技そのものについてはそんなに詳しくはないし、やったこともない。
でも、「見るスポーツ」としては大好きなスポーツがラグビーだ。

100sを超える巨漢が、陸上短距離の選手顔負けの速さで走り、ぶつかり合う。
タックルされても少々蹴られても、脳震盪を起こして失神しても、痛い顔一つせず立ち上がる・・・
審判の判定に対して抗議するなどと言うことは全くなく、不満顔さえ見せない。
トライして得点しても、難しい角度からのキックで得点しても、大喜びなどしない。
自分ひとりで得たのでなく、チーム全員で勝ち取った点だからなのだ。
試合が終われば「ノーサイド」。敵味方の区別はその瞬間に無くなる

松尾率いる「新日鉄釜石」が大好きだった。
大学出の有名選手を集めるのでなく、地元の高校生を中心にしたチームが
学生チームや神戸製鋼などの強豪を倒しての日本選手権7連覇。

日本で行われる第9回ワールドカップは、その釜石市でも試合を行うとのニュースが流れた。
あと4年、何とか寿命がもってくれれば、釜石でのワールドカップが見たいものだ。
日本代表の世界ランキングは、現在102か国中11位だそうだ。
アジアで1位ということでワールドカップへの出場権があるようだが、
ワールドカップでの勝利は、過去8回中わずか1勝しただけのようだ。(違っていたら教えてください)

先日(2月28日)、友人に誘われて、秩父宮ラグビー場に日本選手権の決勝を見に行った。
初出場のヤマハとサントリーの対戦。
友人が静岡出身でヤマハを応援しているので、一緒に応援した。

どちらも固い守りで、点差は広がらなかったが、その分、緊張感のある良い試合だった。
結果は初出場のヤマハが五郎丸の活躍などもあって初優勝。

日本最高のラグビーの試合であるにも拘らず、
スタンドの応援は野球やサッカーほどの盛り上がりはない。
ちょっと寂しい気持ちもしたが、鉦や太鼓での応援などはない方が
大人のスポーツらしくていいな。






ハイレゾ導入を躊躇しているわけ
(2015.2.25)

今、この「独り言(たわごと)」をお読みになっている方が、
「オーディオなどに興味がない」のであれば、この先は読まない方がいいでしょう。
意味がわからないうえに、時間の無駄というものですから・・・・

この欄に時々登場するわが弟は、すでに「ハイレゾ」を導入している。
「素晴らしいから兄貴も導入したら?」と言う。

「ハイ・ファイ」の言葉がこの世に登場してから、60年ぐらいたつだろうか。
「鉱石ラジオ」から始まったわがオーディオ探究の道、
先が短いんだから「もうほっといてくれ!」と言う気分なのに「ハイレゾ」などという言葉がちらちら聞こえてくるようになった。
てっとり早く言えば、CDよりはるかに高音質だそうだ。
「高音質」と聞くとオーディオの虫が疼く。

「高音質」を追求するためには、アンプは勿論、ターンテーブルからカートリッジ、スピーカー。
さらには、アンプとスピーカーを繋ぐコードでさえ2メートルで20万円もする高価なものがあるし、
究極にはリスニング・ルームそのものの改築さえ必要になる。
それなのに、「ハイレゾにすれば良い音になる」ということが理解できない。







ましてや、ちっちゃなイヤホーンでいい音なんて聞こえるはずがない・・・
というのが現在の結論だ。

もう、ほっといて!

ただ、昨日ヨドバシで試聴した「デーブ・ブルーベック・カルテット」の「テイク・ファイブ」のハイレゾ。
ドラムのアドリブの時のベースの音が、やけに生々しかったなあ。
ベーシストが、弦を抑える瞬間、完全に抑えきるほんの100分の何秒かまえに
弦が震える音が聞こえていたぞ。
同じCD(ハイレゾではない)が我が家にもあるので、今から聴き比べてみよう!



昭和のスーパー・スターたちと私との
          共通点についての1考察
(2013。9。10)

昭和を彩ったスーパースターといえば、映画界では石原裕次郎、歌手では美空ひばりでしょう。

今から二十年程前になるが、股関節が痛くて歩行が困難になったことがある。
整形外科を受診したところ「特発性大腿骨頭壊死症」との診断が。
初めて聞く病名だ。
原因が不明で、かつ治療法もないという、いわゆる「難病」。
そのときに医者が言うには
美空ひばりもこの病気でしたよ」。

まだ現役だったので治療のために仕事を休むわけにはいかず、痛みを8年我慢した。
しかし、それも限界に来たため、4ヶ月入院して両方の股関節を人工関節に入れ替えた。

それからは痛みもなく、テニス三昧の日々を送っていた。

ところが今年の7月、「ジュニア選手権大会」当日、開会式で挨拶をし終わったところ、
背中にかつてないほどの強烈な痛みが走り、そのまま事務所に倒れこんでしまった。
救急車で横浜の病院に運ばれ(この頃には意識はなくなっていた)緊急手術。
病名は「急性大動脈解離」。これも聞いたことがなかった病名だ。高血圧の人がかかりやすいとのことだが
今までに高血圧だと言われたことはない。
開胸して人工心肺を使用し、6,000ccの輸血、人工血管の挿入など11時間に渉る大手術。
医者からは「助からないかもしれないし、手術がうまく行っても、後遺症がでる恐れもある」とのご宣託。
そして「
石原裕次郎もこの病気でした」とのこと。
(退院してから詳しく調べたところ、裕次郎は大動脈瘤だったようだ)

「ああ、私は病気の面では
昭和のスーパースターの2人前だ!」

見舞いに来た弟に、やや自慢げにこの話をしたところ
「へー、そうか。それなら次はスポーツ界のスーパースター、
長嶋茂雄(脳梗塞)だな。」
長嶋さん、元気で長生きしてくださいね。私の寿命もかかっているのですから!


世界文化遺産に砲弾をぶち込むな!(2013.6.25)

富士山が「世界文化遺産」に登録されたことは喜ばしいことです。
いつみても、どこから見ても美しいし、日本人の誇りであることは間違いありません。

若いころ、秩父の山に夜通し登って頂上に着いたときのことです。
友人が「富士山が見える」というので周囲を見渡したけど見当たらず
ふと上を見上げると、はるか視線の上に富士の頂上が見えた時には
富士山の高さとその姿の美しさに感動しました。

世界遺産になったらなったで、
「観光客がワンさと押しかけて、登山道などを崩壊させて、山の姿が変わったらどうしよう」とか
「ゴミ処理やトイレ設置などのために入山料をとろう」とかの問題が持ち上がっています。

富士山の麓には、東富士演習場と北富士演習場があり、実弾を使っての演習が行われています。
特に、東富士演習場では毎年8月に、大掛かりな実弾演習が行われています。

今年は8月25日に、「富士総合火力演習」と称して、民間人から希望者を募って見学させています。

世界文化遺産に、実弾を打ち込むことと、多くの登山客が来るのとでは、
どちらの悪影響が大きいのでしょうか。
世界遺産の中でも「文化遺産」というのは、「富士が信仰の対象であるから」などとの理由だそうです。
信仰の対象であればなおさら、それに砲弾を撃ち込むことは許されないことではないでしょうか。

「実弾を直接富士山に打ち込むのではない」との説明がありますが、
どこからどこまでが富士山で、麓は富士山ではないのでしょうか?

富士山が世界文化遺産になったこの機会に、
二つの演習場での「実弾演習」は、即刻中止すべきだと思います。
富士を愛する日本人なら同じ考えだと思いますが・・・・・・


やってきました「振り込めサギ(2013.510)

晩酌をしていたら電話がなった。
普段は「ヒツウチ」の電話には出ないことにしているが
暇だったので出たところ

「○○だけど、のどが痛くて病院に行ったんだ(ゴホン!)」

と、わざとらしい咳払い。
声から判断すると、我が家の下の息子の年齢に近いかもしれないと思ったが
一言で「振り込めサギ」だと直感した。演技も下手だ。
しばらく相手をしてやろうと


「そうか、大変だ。もっと大きな病院で診てもらいなさい」と私。

すると

「明日順天堂病院へ行くんだけど、悪くすると切開手術になるかも知れないんだ」とのたまう。


「そうか、よく診てもらいなさいよ。これからどうしたらいいんだ?」と聞くと


「結果が出たら明日の昼ごろ電話する」とのこと。

この後は「手術代を頂戴」と続くのかなと思ったが、犯人同様に私も騙されているふりが下手なので
いい加減にしようと、

「それでいくら欲しいんだ」とこっちから聞いたところ

「え!」と絶句したようだ。
すかさず

「振り込めサギでしょ。君は」と追い打ちをかけたところ「ガシャン」と電話を切られた。


最後まで騙されているふりをして警察に通報し、現金を受け取りに来たところを逮捕・・・
とのシナリオもあったが、明日は予定もあるので犯人につきあっていることができない。

振り込めサギの皆さん、私が暇なときにお電話頂戴ね!最後まで付き合うから。


「50度洗い」って知ってます?

私もつい最近知ったばかりだが、なにやら画期的な下ごしらえのやり方だということだ。

要するに、野菜でも肉・魚などを50度の湯に短時間漬けるだけで、
鮮度が蘇り、長期保存が効くようになりおいしさも増すという、魔法のような方法だそうだ。
新しい物にはすぐに飛びつく妻は、早速その方法を書いた本を手に入れて実践している。(たぶん3日坊主)

この本には、実にさまざまな食材を50度の湯にいれる方法が掲載されている。
この方法を考案したのは平山一政という「蒸気技術(スチーミング調理技術)」の専門家だそうだ。

妻は、冷蔵庫にある野菜やきのこなどを片っ端から引っ張り出しては湯に漬けている。
「マユツバもの」だと、半信半疑だったが、
萎びかけたもやしが真っ白によみがえり、
口に入れるとシャキシャキとした歯ごたえに変身したのには驚いた。

これに気を良くして、バナナも50度洗いして、していないバナナと味比べ。
「甘さが全然違うね」とおっしゃるが、味覚音痴の私にはそんなに違いは判らない。

「しなびた野菜がシャキ!「肉はジューシー」がうたい文句の「50度洗い」

「エステに行こうかな」などと言っている妻も、ちょっと熱いけど50度の風呂に入れば、「肌は真っ白でプリンプリン」になるんじゃないかな。

ネットにも同じようなことを考えた人がいたようで、同じ質問をしていたが、
それに対する答えは

「絶対やめて!やけどするだけ」

2合入っていなくても文句は言えない?
どこの店でも、ビールなら大・中・小という区分なのに、日本酒は「1合、2合」となっているのが多い。
とある焼き鳥屋で日本酒の二合徳利を注文したところ
出てきた徳利のサイズはどう見ても2合入っているようには見えないように小さかった。

左は私の愛用している備前焼きの2合徳利。
入る量を調べてみたら360ml入る。正2合である。
毎晩これで飲んでいるので、2合徳利の大きさや酒の量は体で覚えている。
「2合」注文したのに、それより明らかに少ないものを客に出すのは
「不当表示」や「詐欺」などにあたらないだろうか。

この疑問をインターネットに書いたところ(我ながら暇人間!)
さまざまな意見や考え方が届いた。

まず、「1合2合は、大小のような趣旨で使われているんです」
というものから
「古くからの商慣習なのだから、いまさら目くじら立てても」
「客は正確に2合なんて入っていないのを承知で注文しているんです」
「良心的な店は『正1合、正2合』と書いてありますよ。そういう店に行きなさい」
「1合を『ふじ』、2合を『さくら』などと言う店もあります」
など、殆どは「我慢しろ」的な意見だった。

昨今、世間では食べ物や飲み物など、
口から入るものの成分や量、賞味期限などについては神経質になっているのに、
居酒屋で出す酒の量は、不当表示がまかり通っていても許されるのか!!!

私の怒りは頂点に達したのだが、
次のような意見が届いて、振り上げた拳のやりばが無くなってしまった。

「現在の計量法に、合、升という単位はそもそも無いので、不当表示や詐欺で告訴してもムダでしょう」
「不満なら、そんな店に二度と行かなければいいのです」
「一合徳利を2回頼んだほうが量は多いですよ」
(そりゃそうかもしれないけど、1合は360円、2合が500円。1合を2回頼むと720円かかるんだよ!)


極め付きは、若者だと思う人からの次の言葉。

「『合(ごう)』ってなんですか?」

そういえば、私が「真空管アンプを自作したんだよ」と二男のお嫁さんに自慢したら
「シンクーカンってなんですか?」って言われたっけな。


またやっちまった!(2013.1.4)

町内会の年末行事が終わり、忘年会の会場設営にとりかかった。
私は、折り畳みテーブルの上に上って、スクリーンの取り外しをしていた。
すると、靴下のまま上っていた机が「グラッ」と揺れたために、足がすべり
あっという間に左の腰から床に落下してしまった。
見ていた役員さんたちが駆け寄ってきて「大丈夫ですか」と口々に聞いてくれた。
「大丈夫です」と、痛さをこらえて作業を続けた。
「乾杯!」の発声をする担当だったし、ビールを飲みたかったので
何とか頑張ったのだが、すぐに我慢も限界に。
中座しようとしたが腰の痛みに立ち上がることもできず、這うようにして出口に向かった。
私の様子をみて、「救急車を呼ぼう」ということに。
そのままあえなく救急病院へ。
腰の骨折ということで即入院。

(左のレントゲン写真は私のものではないが、ほぼ似たようなもの)

「整形外科には二度と世話にならないぞ」の誓いも、一年と持たなかった。

手術にまでは至らなかったが、ベット上での絶対安静が暮れから新年にかけて続いた。
その後は車いす生活が現在まで続いている。退院まではまだしばらくかかりそうだ。

車いすで移動することになって、
「車いすマラソンの選手って、すごいなあ」ということを実感した。
正月休みで閑散としている病院の廊下を、
車椅子マラソンの選手になったつもりで10メートルほど全力で走ってみた。
平坦な廊下なのに、腕が肩が悲鳴を上げ、これが精一杯。
とてもじゃないけど、これで何キロも、勾配のある道路を走るということがとても人間業ではないことがわかる。

車いすで行う競技にはバスケット・テニスなど数々あるけれど、車いすマラソンは別次元の競技ではないかと思う。
車いすの構造が、病人用と競技用とは違うとはいえ、
アスリート達の凄さを再認識したことが、まさに「怪我の功名」だ。


表紙に戻る

傍目八目NO6へ

傍目八目NO8へ