(岡目八目)NO8世間を斜に構えて見直すと、見えなかったものも見えてくる

百年の恋も・・・(2017.10.26)

というほどではないが、ほかにどんな用語があるかなと探してみた。

 ガッカリした 失望した 幻滅した 裏切られた 心が離れた ドン引きした 
 気持ちが冷えた あきれ果てた シラケた

何がって?
最近の次の二人の言動についてです。

一人目はこの人。
爽やかだし、何より世界ランキング4位という実力。
同じ日本人として誇りに思って応援してきた。
ラケットをコートに叩きつけて壊すまでは・・・

子どもたちには
「テニスは紳士淑女のスポーツ。マナーが大切だよ」と教えてきたし
テニスだけでなく、すべてのスポーツに共通する大切なこと。
それを、自分の失敗をラケットのせいにするような行動は許せない。
日本人としても恥ずかしい。
これ以降は、彼の試合がテレビで中継されても見なくなったし、ランキングも下降する一方。
テニスマンの魂ともいえるラケットを壊した罰ではなかろうか。

二人目は
衆議院が解散されたときに、新たな政党を立ち上げたときの演説を聞いて
「才能豊かな人だな。話もとても上手だ」と応援したくなったこの人。
ところが、直後に
「入党を希望する人をすべて受け入れることはさらさらない。排除します。」
と発言した。
この、「さらさら 排除」の二言ですっかり嫌になった。

ちょっとした行動、説明不足の一言で、
長い間かけて築いてきたものが一瞬で崩れ去ってしまう。

この二人の言動を見聞きしての感想は
「百年の恋も冷めた」と言うほどではないが
「ドン引きした」ぐらいが適当かも。

振り返って我が身はどうか心配になった。
「人の振り見てわが振り直せ」
「以て他山の石とすべし」

・・・もう手遅れかも

素晴らしい「魂」のスポーツ、「フレスコボール」(2017.8.12)

って知ってました?

三浦海岸をドライブしていたら、砂浜で、二人で向かい合ってボールを打ち合っている何組かの人が見えた。
そばに行って見ると、手には卓球のラケットの親分のような板を持って、
テニスボールほどの大きさのボールを打ち合っている。
二人の距離は数メートルほどで、間にネットのようなものは何もない。
かなりの強さで打ち合っているので、ボールのスピードはとても速い。
フォアやバックハンドでとても上手に打ち合っている。

あとで調べてみたらこのスポーツの名前は「フレスコボール」と言い、
「一定の時間に何回打ち合ったか」「その時のボールの速さ」「打ち合う時のカッコよさ」
などを採点して、得点を競うスポーツだということを初めて知った。
つまり、対戦しているように見える二人は「パートナー」であって、「相手」ではないのだ。

スポーツといえば「テニス」か「野球」しかやったことのない私が言うのもなんだが、
「球技」は、「相手をいかに騙すか」を常に考えているスポーツではないだろうか。
「騙す」という言葉は適当ではないかもしれないが、
「右へ打つと見せかけて左に打つ」「塁を盗む(盗塁」「サインを盗む」「チェンジアップでタイミングを外す」など、
相手を翻弄して、相手の打ちにくい所へボールを打つことが重要なスポーツだと思う。
それに対して、同じ球技でもこの「フレスコボール」は
相手・・じゃなかった「ペア」の打ちやすいところに打ってあげることが最も大切なのだ。

「球技は魂の腐敗を招く」という理由から禁止しているという学校があると
以前聞いたことがある。
常に相手を欺くことを考えることが「球技」だとすれば一理あるのではないかな。
それに比べると、この「フレスコボール」は素晴らしいではありませんか。

テニスや卓球、バドミントンなど、「フレスコボール」と類似性のあるスポーツの
上級者やプロなら、「相手の打ちにくい所へ打つのが上手」なのだから
きっと「相手の打ちやすい所へ打つ」のもうまいだろうと思う。


「ラケット」を自分の好みに合わせてペイントするのも自由だそうで、
「日本フレスコボール協会」主催の全国大会もある。

今はマイナーなスポーツだとは思いますが、このスポーツの根底にある精神性には拍手を送りたいです。







底辺には「人種差別」(2017.4.12)
アメリカの「ユナイテッド航空」が、社員を緊急に移動させる必要が出たために、
すでに満席となっていた便の乗客に対して、別の便に移ってくれるように頼んだが
だれも応じなかったので、無作為に抽選して、4名の乗客を指名して移動をお願いしたという。
ところが、そのうちの1名は、「私は医者だ。患者が待っているのでこの便で帰らなければならない」
と、どうしても応じなかったそうだ。
すると、何ということか、ユナイテッド航空は、警備員に応援を要請し、3人でその客を飛行機から引きずり降ろしたのだ。


私も、ユナイテッド航空で、ヒューストン空港から乗るときに同じような経験をした。
「オーバーブッキングなので、協力してくれる方はいませんか?」という呼びかけがあった時、
妻と「急いで帰る必要もないし、面白い経験になるから」と応じ、
ヒューストン市内のホテルに泊まり、翌日の便で帰ってきたことがある。


今回の事件のように、協力者が誰も居なかった時には、
航空会社が勝手に抽選か何かをして一人の乗客を指名して、
強制的に飛行機から引きずり降ろすことにびっくりした。

この事件をテレビで見ていたとき、以前に見た何かの場面と同じだと感じ、
「何だったっけなあ」と思いめぐらしたとき、「はっ」と気が付いたことがある。

それは、アメリカ映画「ジャイアンツ」の1場面でした。
細かいことまでは覚えていないけれど、主人公のひとりのロック・ハドソンが
家族共に、とあるレストランに入ったとき、店内にいたメキシコ人が、その店の主人に差別されて店から追い出されるのを見て
義憤に駆られてその主人と殴り合いのけんかとなるが、殴り倒されてしまう。
倒れたロック・ハドソンの体の上に、主人が「この店は客を選ぶ権利がある」と書かれた板を投げつける場面だ。

航空会社が、このレストランと同じように「客を選ぶ権利があるのだ」と言わんばかりだ。
アメリカの経営者には、そういう考え方が今でもあるんだなあと納得しかかったときに
引きずられて機外に出される乗客だという人の写真を見て
「はは〜〜ん!」と思ったことがある。

この人は東洋系あるいはラテン系の人ではないだろうかなあ。
もしもこの乗客が、アメリカ人またはヨーロッパ系の人だったら
同じような事件に発展するだろうか。

現在のところ、ユナイテッド航空は一連の事件を謝罪しているとのことだが、
トランプ大統領の言動を持ち出すまでもなく
今もってアメリカ社会には「人種差別」が厳然としてあることに違いない。


真似するんじゃないよ!(2017.1.8))
錦織君など、硬式テニスのトッププレーヤーの試合を見ていると、サービスの時などに
「何のためにしているんだろう?」と思うような動作をしていることがよくある。

その一つに、サービスを打つ前に、ボールを何度も地面に弾ませる動作をする選手が多いことだ。
これは精神を集中したり、リズムを作るための動作、あるいは無意識な「ルーティーン」なのだろうと思うが、
ソフトテニスの選手ではあまり見られない。
ところが、最近の中学生の中には、この動作だけを真似する生徒が増えてきている。
1回や2回弾ませる程度ならまだ許せるが、5回〜6回となると「止めなさい!」とイエローカードを出したくなる。


また、サービスの時に、ボールボーイからボールを3つも4つも受け取って、
それを手の平の上で「ちらっ」と見て、2つを残して他を返すという動作が目に付くようになった。
何をしているのだろうか。

一説によれば、硬式ボールの「ケバケバ」(メルトンと言うそう)が、
使っているうちに毛羽立ってしまい、空気抵抗が増すためにスピードが出ないので、
ファーストサーブには使わず、表面がつるつるしたボールを選んでいるのだとか。

また、硬式ボールはソフトテニスボールと違って空気の調整が出来ない。
プロの強打によって空気圧が変化してしまうこともあるだろうとは思える。

しかし、試合球が、何ゲームか使用しただけで(7ゲームぐらいでニューボールに交換するようだ)、
「ちらっ」と見ただけで違いがわかるほど変化するものなのかな。
また、その違いを生かしたサーブを打つのだとすれば、大したものだ。

あるいはそのような「一連の動作」は、前にも書いたように、
イチロー選手が打席に入るまでや、五郎丸がキックをする前のような
トッププロ選手の「無意識な動作(ルーティーン)」ではないかな。

中学生の皆さん、このようなプロの真似をして、サーブの時に「もう一つボールを下さい」などと言わないでね。





この袋も原発事故から逃げてきたのか?(2016.12.8)
わが家から直線距離で200メートル足らずのところの道路工事現場に、ある日突然写真のような土のう(フレコンバッグと言うのだそうだ)が野積みされているのに気が付いた。
福島の原発事故の際に、放射能に汚染された土や除染したものを入れた黒いビニール袋と同じようだ。近寄ってみると、中から土が覗いているのが見える。

まさか町田市のこんな住宅地に、放射性廃棄物を運んで来るなど考えられないが、詳しいことはわかりません。
万一そうであれば、一刻も早く何とかして欲しいものです。




東京電力福島第一原子力発電所の事故から、横浜市に避難してきた小学生にたいして、同級生や、あろうことか担任の先生までが、その子の名前に「菌(キン)」を付けて呼ぶといういじめがあったことが報じられている。

「しんさいでいっぱい死んだから、つらいけどぼくはいきるときめた」との手記に胸を突かれる。

この小学生をいじめた同級生も悪いが、何より担任の先生の、「教師としての力量のなさ」の罪は大きい。

原子力発電所が事故を起こしたことから、この学校(横浜市)に小学生が避難してくることがわかった時点で、普通の担任であれば
「大変な思いをして避難してくるのだから、仲良く、親切にしてあげましょうね。」ぐらいのことは指導するだろうし、
すこし力のある教師であれば、
「原子力発電所についてみんなで調べてみましょう」とか
「日本にとって原子力発電は本当に必要なのか」
「原子力発電で出た廃棄物はどのように処理しているのか」など、
学年に応じて指導すべきことが沢山あるはずだ。
そうすれば、転校してくるともだちが、住み慣れた住まいや仲良かった友達と別れなければならない事になった訳を理解して、「いじめる」などと言う事態になるわけがないと思う。
誤解を恐れずに言うなら、「原子力発電についてしらべる勉強の良いチャンスだ」ぐらいの気持ちで対応すべきだと思う。今となっては手遅れだが。

中間貯蔵施設の受け入れについて「最後は金目でしょ」と口を滑らせたこんな人もいましたが、
住宅地の真ん中に運んできた土のうが、除染によって出た土だとしたら、「金目の話」などでは済ませませんよ!



傍目八目NO7へ

表紙へ